フコイダン

「フコイダン」トップ

フコイダンとは

フコイダンとは何でしょうか?一度は聞いたことがあると思います。ちょっと口に出してみて下さい。フコダイン、と言っていた人はいませんか?

フコイダンとは、ひとことで言ってしまえば、海藻の表面の「ぬるぬる」のことです。モズクやワカメ、めかぶなどを思い出して下さい。海藻って大抵、ぬるぬるしていますよね。

世間で言われるフコイダンとは、ヌルヌル海藻から作られた「健康食品」のことを指すことが多いです。食物繊維の一種で、主にタブレットやドリンクなどのサプリメント食品として販売されています。

ワカメなどの海藻が、流れてきた鋭い石などに切りつけられ、海の中で傷ついたとします。するとこの表面のヌルヌル成分がその傷口を覆い、細菌の侵入を防いでくれるんです。

学術的にはフコイダンとは、硫酸の基盤となる成分と、糖がたくさん結合し合ってくっついたもののことを言いますが、難しく考える必要はありません。

フコイダンとは、健康に良いと言われるアロエに似た成分でもあります。ただアロエやアガリスクのぬるつきと異なるのは、成分に硫酸となる基盤が含まれているからです。硫酸の基盤が含まれているからといって、硫酸というわけではありません。

この硫酸の基盤を成分に含んでいることにより、胃酸ときわめてよく似た粘質性の構造をした、ヌルヌルなのです。摂取すると胃の粘膜ととてもなじみやすく、吸収されやすいという特徴を持っています。

最近では、ガンなどの病気対策に利用する人も増えているようですね。免疫力がアップすると、それらの病気に打ち勝つパワーを蓄えられるからかもしれません。

マールフコイダンイー

「フコイダンならどれも同じ」等ということはありません。
吸収力・含有量なら、これが最適!不健康な毎日とは縁を切ってください。

マールフコイダンイー

毎日の一杯が生きるチカラになる!海からの恵みフコイダン

詳細は→マールフコイダンイー